レーザーテックの考え方

基本理念

当社は、「世の中にないものをつくり、世の中のためになるものをつくる」ことを創業の基本理念としています。お客さまのさらなる強い信頼を獲得し企業力を向上させていくため、社会に貢献できる顧客満足度の高い製品を継続して開発し続け企業価値を高めていくことが、お客さま、株主さま、地域社会、従業員、お取引先さまなどを含む弊社のステークホルダーのご期待にこたえるものと認識しています。

活動について

当社は、ステークホルダーの皆さまに対して社会的責任を果たすためCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)活動に取り組んでいます。
「企業行動指針」、「環境方針」および「労働安全衛生方針」等を制定し、グローバルな環境保全・安全衛生・健康管理等のCSR活動を推進しています。

CSRの取り組み

レーザーテックは、以下の取り組みを行っています。

環境保全に関して
環境保全活動の項をご参照下さい。
労働安全衛生に関して
労働安全衛生活動の項をご参照下さい。
品質、安全性に関して
品質マネジメントシステムを構築し、優れた品質、性能を持つ安全な製品をお客さまに提供します。
情報セキュリティーに関して
情報セキュリティ管理規定、内部情報管理規定に基づき機密情報、個人情報の管理徹底を図ります。
公正な取引に関して
お取引先さまとは公平かつ対等な立場で取引を行います。優越的地位の濫用、カルテルや談合、贈収賄、インサイダー取引、反社会的勢力への利益供与は行いません。また自由な市場競争を尊重し、不当な取引制限行為は行いません。
危機管理に関して
事業継続計画(BCP)、危機管理規定、緊急事態手順書、危機管理広報マニュアルを策定し、災害や不測の事態にも、従業員の生命、身体の安全を守るとともに、事業の継続と製品の安定供給を図ります。
人道的処遇や差別の排除
虐待、ハラスメント、抑圧、体罰を無くし、人種、性別、年齢、宗教等による差別を排除します。

参照する指針や規範

CSRにおいてはサプライチェーン全体での取り組みが求められています。昨今、人権への配慮や紛争鉱物問題への対応等、弊社のステークホルダーの皆さまからのご期待・ご要請はますます多様化・複雑化してきており、これまで以上に国際的なCSR基準・ガイドラインが示す指針に沿った取り組みを進めることが重要です。
当社は、「レーザーテック企業行動指針」に加え、国連グローバルコンパクト SDGs(Sustainable Development Goals)の指針や、RBA(Responsible Business Alliance:責任ある企業同盟)が策定する「RBA行動規範」*1 の趣旨に沿った取り組みを、積極的に推進しています。

  1. *1RBA行動規範はエレクトロニクス業界のサプライチェーンにおける社会的、環境的、倫理的問題に関する一連の基準です。行動綱領に示された基準は、世界人権宣言、ILO国際労働基準、OECD多国籍企業ガイドライン、ISOおよびSA基準などを含む国際的な規範と基準を参照しています。
    http://www.responsiblebusiness.org/

レーザーテック企業行動指針

  1. 1.お客さまにとって付加価値の高い製品を提供するために、常に研究開発と技術革新を怠らず、お客さまと、また社会と共に成長を続ける企業を目指します。
  2. 2.よき企業市民として法令・定款および社会規範を順守し、公正な取引、適切な企業活動を推進すると共に、環境保護に努め、地域社会の発展に貢献いたします。
  3. 3.株主をはじめ、お客さまや広く社会との適時適正なコミュニケーションに努め、企業情報を積極的かつ公正に開示いたします。
  4. 4.従業員の人権、人格を尊重し、健全で安全な、また公平で働きやすく、生きがいのある職場作りを目指します。
  5. 5.自己、第三者を問わず、資産・権利を厳正に管理し、いかなる時もこれを侵害せず、公正に使用します。また情報の管理にも万全を期します。
  6. 6.経営トップをはじめ、役員、各部門の長は、本行動指針を率先垂範し、そのための社内体制の整備を行うと共に関係者への周知徹底にも努めます。

環境保全活動

環境方針

かけがえのない地球環境をより良い状態で次世代に引き継ぐため環境保全活動を推進しています。

行動方針

  1. 1.環境パフォーマンスとマネジメントシステムの継続的な改善に全従業員で取り組み、環境汚染の予防に努めます。
  2. 2.事業活動に係る環境負荷とリスクを低減し、環境保護に取り組みます。
    1. (1)省エネルギー、省資源
    2. (2)産業廃棄物の削減とリサイクルの推進
    3. (3)当社製品によるお客さまの環境負荷の低減
  3. 3.環境に関する法令および当社が同意するその他の要求事項を遵守します。

環境目標

廃棄物のリサイクル率 50%  エネルギー消費量3年後 5%削減

労働安全衛生活動

労働安全衛生方針

全従業員の安全と健康確保を最優先し、快適な職場環境を目指した活動を推進します。

行動方針

  1. 1.災害防止の取り組みを経営の重要課題の一つとして位置付けます。
  2. 2.リスクアセスメントに基づき、OHS(Occupational Health and Safety:労働安全衛生)目標を設定し、継続的な改善に取り組み、負傷・疾病の防止に努めます。
  3. 3.OHSに関する法令、指導事項などを遵守します。
  4. 4.事業活動に係るOHSリスクの低減に努めます。
  5. 5.OHS教育訓練を充実させ、全従業員および協力業者に本方針とOHSを周知し理解させ、維持します。
  6. 6.OHSの定期的な見直しを実施し、適切で妥当であるように維持します。