リチウムイオン電池の充放電中の電気化学反応をIn-situで可視化/定量化

特長

製品概要

  • 充放電中の電極表面の色変化、形状変化を観察・定量化
  • 充放電中の電極断面の色変化、形状変化および断面・収縮の観察・定量化
  • 電池初期評価時間を大幅に短縮
  • その他、腐食やメッキ等の電気化学反応の可視化

3大特長

  • 観察窓越しに電解液中でも高解像度・高コントラストのリアルカラーコンフォーカル画像を取得
  • カスタム可能な専用充放電観察セルを使用、大気中で In-Situ 観察
  • 専用ソフトウェアによる多彩な充放電解析

本製品は、LIBの品質向上や新材料開発への貢献が高く評価され日刊工業新聞社主催の「2013年第56回十大新製品賞」を受賞いたしました。

用途

  • リチウムイオン電池の In-Situ 観察・計測システム
    ・従来の充放電カーブによる解析と、本システムによる反応分布の解析を一体化
    ・リアルタイムで膨張・収縮の変化を定量化
    ・デンドライトの発生条件・成長過程をリアルタイムで観察・測定

<グラファイト負極のインターカレーション>

グラファイト系の負極では、充電時いくつかのステージを経由し、最終的にすべての層間にリチウムイオンが挿入されたSOC100%に到達。この時、電極活物質の色は金色に変化する。充電前のグレーから青→赤→金と充電中の色の変化から反応分布を解析。

電池全般
  • イオンパス及び電子パス抵抗比の検証
  • デンドライトの発生条件、及び発生後の挙動を明確化
  • レート特性を可視化
  • サイクル劣化を可視化
  • 温度特性を可視化
  • ナトリウム電池、固体電池、グラファイトシート等の次世代電極評価
  • フルセル、ハーフセル対応可能
負極
  • インターカレーションを可視化
  • 膨張収縮のリアルタイム観察
  • 色によるグラファイト負極のステージ解析
正極
  • Liイオン放出、収蔵を可視化
  • 膨張収縮のリアルタイム観察
電解液
  • ガス発生を可視化、さらに発生場所の確認
  • 添加剤の効果の検証
導電助剤
  • 電力集中を可視化
  • 分散状況をインターカレーションで可視化
  • カーボンナノチューブの効果の検証
バインダー
  • 活物質同士の結着性の検証
  • 集電箔と活物質の結着性の検証
セパレーター
  • 材料違いによるインターカレーションへの影響確認
  • セラミック等のコーティングによる反応分布への影響確認

オプション

  • 多彩なオプション
    ・温調システム(-30℃~80℃)
    ・波長選択機能
    ・ガスサンプリングポート
    ・腐食やメッキ対応オプション
    ・その他

キーワード検索

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちらから。何でもお気軽にお問い合わせください。

お電話でもお問い合わせいただけます。

045-478-7330

(平日9:00~17:00まで受付)