計測サポート機能

パッチワーク機能

画像を連結することで広視野画像をスムーズに作成する機能です。サイズが大きく、1視野には収まりきらないサンプルの全景をとらえることが可能です。HIBRID+の広視野・高速測定はパッチワークと相性が良く、画角の広い画像を短時間で取得することが可能です。

下の図に示したように、1視野が大きいため連結する画像の枚数が少なく、かつ1視野の測定時間が短いので、一般的なレーザー顕微鏡に比べ作成時間はおよそ1/6です。

一般的なレーザー顕微鏡のパッチワーク HYBRID+のパッチワーク 3D画像

測定範囲の自動追従機能

パッチワークの際に各視野内の高低差を自動認識し、不要な測定範囲をスキップすることで、高さ測定レンジを最適化します。

Z軸方向の画像取得範囲
事例

高分解能の広視野測定

高倍率レンズは視野が狭く、広視野で測定する事はできません。パッチワークを使用することにより、空間分解能を維持したままで広視野測定を実現します。

この製品を見た人はこちらも見ています

共焦点システムソリューション部
※平日9:00~17:00まで受付